音楽科

音楽科
めざすのは世界にはばたく音楽家
MUSIC COURSE
専用の校舎や本格的なホール、練習に集中できるレッスン室と熱意あふれる先生たち。
音楽に包まれて学ぶ3年間の先には、きっと大きな夢を奏でる舞台が待っています。

コースの特長

  1. 音楽専門科目の多いカリキュラム
  2. 実技専攻担当者は希望制
  3. 2年次の研修旅行は音楽の都オーストリア「ウィーン」
  4. 校舎内に座席数300席の本格的コンサートホール
  5. 個人練習室(登録制)やレッスン室が充実

専門課程にはこんな授業があります!

音楽理論

music-program1

楽曲を通して和音や音階などを学ぶ。 志望校に応じた受験対策も。

専攻実技

music-program1

演奏試験課題曲のレッスン。技術力と表現力に磨きをかける。

ソルフェージュその1「聴音」

music-program1

聴こえる音を正しくとらえて楽譜に。全学年を通した9段階の難易度別。

ソルフェージュその2「視唱」

music-program1

楽譜を正しく読んで歌唱表現。学年ごとのグレード別。

音楽科卒業生東京音楽大学 音楽学部
器楽専攻クラリネット
髙橋 真依子さん
(仙台市立七北田中学校出身)
常盤木学園で過ごした3年間は、私にとって貴重な時間です。生徒一人一人に熱心に御指導して下さる先生方、同じ演奏家を目指す仲間達と出会い、演奏技術を高めるだけではなく、人間としても成長することが出来ました。
海外研修で音楽の都ウィーンを訪れたり、様々な演奏会を聴きに行ったりして、感性を磨くと共に、改めて音楽の素晴らしさを知る機会が沢山ありました。
また、未来への翼や音楽科定期演奏会など様々なステージを経験させて頂くにつれて、一人で練習しているだけでは分からない事にも気づく事が出来ました。例えば、ステージマナーや演奏スタイル。数多く演奏する機会を頂けるのは常盤木学園ならではだと思います。充実した毎日を送れたのは常盤木学園のおかげです。常盤木学園で過ごす3年間、きっと宝物になるはずです。
音楽科卒業生ポーランド国立ショパン音楽
大学研究科 ピアノ専攻
杉本 太さん
(東松島市立矢本第一中学校出身)
毎日片道1時間半かけて通った常盤木学園。進学してからは何の迷いもなくひたすら音楽の勉強に励みました。いつも同じ時を過ごしている仲間がコンクールやオーディションではライバルになりました。真剣勝負ではオンモード、終わった後は皆で思い切り楽しむオフモード。そんな高校生活でした。
私の尊敬する大学時代の恩師から卒業する時に
「コンクール、落ちたっていいじゃないか。コンサートで一人しかお客様が来なくたっていいじゃないか。たくさん失敗してたくさん恥をかいて、それでも音楽を続けなさい」
こんな言葉をかけて頂き、心に深く響きました。
私は現在、ポーランド国立ショパン音楽大学へ留学しています。世界の音楽を肌で感じたい、その思いを胸に今音楽を続けています。恩師や家族、故郷の方達の支えがあり、今こうして勉強できていることに心から感謝しています。この気持を忘れず更なる成長ができるよう精進して行きたいと思います。音楽は世界共通の言葉、そして一番大切なのは心だと思うのです。
諦めないで続けること。私はいつもそれを忘れずに演奏活動を続けています。

音楽科進学実績【過去5年間】

  • 東京藝術大学
  • 山形大学
  • 弘前大学
  • 福島大学
  • 愛知県立芸術大学
  • 沖縄県立芸術大学
  • 武蔵野音楽大学
  • 昭和音楽大学
  • 国立音楽大学
  • 東京音楽大学
  • 桐朋学園大学音楽学部
  • ベルギーブリュッセル音楽大学
  • フライブルク音楽大学  ほか