ADMISSION

入学案内

常盤木の生徒になって、一緒に学ぼう♪楽しもう♪

入試や入学に関わる情報をお知らせいたします!

イベントバナー

入試について

推薦入試

中学校長推薦

全コース出願可

基本的な出願資格ABCDを満たし、 (1)願書・調査書・推薦書 (2)志望理由書を提出して、書類審査→面接を経て合否を判定

※リバティ・ビジネス・国際・音楽科に成績や出欠などの条件はありません。

SBCに出願の場合のみ、国語・数学・英語・社会・理科5教科の評定平均値3.8以上

学業特待A・B

・学業特待A:国際またはSBCに出願

・学業特待B:全コース出願可

基本的な出願資格ABCDを満たし
★学業特待A…評定平均値4.3以上
★学業特待B…評定平均値3.8以上である場合、
(1)願書・調査書・推薦書 (2)志望理由書を提出し、書類審査→面接を経て合否を判定

※評定平均値は国語・数学・英語・社会・理科の5教科です。

実技特待A・B

全コース出願可

基本的な出願資格ABCDを満たし、さらに
★実技特待A…県大会上位入賞。もしくは同等の実力。(または、英検2級以上)
 音楽科:特に優秀な音楽実技能力を有する。(入学試験当日の演奏で判定)
★実技特待B…県大会に出場、もしくは同等の実力を有する。(または、英検準2級以上)
 音楽科:優秀な音楽実技能力を有する。入学試験当日の演奏で判定)

(1)願書・調査書・推薦書
(2)志望理由書を提出し、書類審査→面接と実技試験を経て合否を判定

SBCに出願の場合のみ評定平均値3.8以上

音楽科は実技試験の演奏で判定

自己推薦

全学科・コースに出願可 ※学校長の推薦不要

基本的な出願資格ACD(中学卒業者も出願可)を満たし、
(1)願書・調査書
(2)志望理由書を提出して、書類審査→作文(音楽科は実技)と面接を経て合否を判定

※リバティ・ビジネス・国際・音楽科に成績や出欠などの条件はありません。

SBCに出願の場合のみ評定平均値3.8以上

自分で推薦することで、高校進学を早期に決定できます。

一般入試

全コース出願可

全コース出願可

普通科:国語・数学・英語・面接を経て合否を判定
音楽科:国語・英語・音楽実技・面接

入試成績が良好なら 学業特待A(得点率90%)・学業特待B(得点率70~80%)

  • ※学業特待A・Bに合格しても公立高校を受験できます!
  • ※公立高校発表後でも特待入学の手続きが可能です!
  • ※音楽科志望の場合は、実技試験が必ずあります。

《出願資格》

A令和2年3月卒業見込みの生徒

B中学校長の推薦がある生徒

C本校を第一希望とし合格した場合は必ず入学する生徒

D入学後も目標をもち、意欲的に高校生活を送ることを約束できる生徒

《推薦入試のメリットについて》

【中学校長推薦】

①入学時手続金は10万円のみとなります
②高校進学を早期に決定できます

【学業特待A・実技特待A】

①入学時手続金は5万円のみです
②年間32万円の奨学金を支給します
③高校進学を早期に決定できます

【学業特待B・実技特待B】

①入学時手続金は5万円のみです
②年間20万円の奨学金を支給します
③高校進学を早期に決定できます

【自己推薦】

①自分で推薦することにより、中学校長の推薦書が不要となります
②高校進学を早期に決定できます

  • ※私立中学や県外からの受験については個別にお問い合わせください

音楽科入学実技試験内容

※下記は平成31年度入試の例です

共通試験視唱試験:調性はハ長調とイ短調、拍子は4分の4拍子・8分の6拍子

各専攻別実技試験

専攻実技試験 ピアノ演奏試験
声楽 任意の歌曲を2曲 ※暗譜で1番のみ演奏(伴奏譜は入学願書とともに提出) 任意の曲または練習曲より1曲(バイエル終了程度以上)
管弦打楽器 (a)練習曲 ※任意の教則本より1曲 ※(a)(b)ともに暗譜で演奏し、くり返しは必要なし(無伴奏)
(b)任意の曲
任意の曲または練習曲より1曲(バイエル終了程度以上)
作曲 (a)作品提出(入学願書とともに提出)
※ピアノ曲、合唱曲、伴奏付の独唱、重唱、独奏、重奏曲等(旋律のみは不可)
(b)旋律作曲(45分以内で三部形式程度)
ソナチネ程度以上の任意の曲を1曲
※ソナチネ・ソナタの場合は一つの楽章でよい。
電子オルガン (a)エレクトーン ※グレード7、6級以上の任意の楽曲を1曲 ※暗譜で演奏のこと
(b)即興演奏 ※8~16小節程度のコードネーム付きメロディーを演奏。
◎機種/ヤマハステージア、ヤマハEL NEW-900m、カワイXR9000
任意の曲または練習曲より1曲(バイエル終了程度以上)
ピアノ (a)練習曲またはバッハの作品より1曲
・練習曲:ツェルニー40番程度以上とする。
・バッハの作品:インベンション以上とし、平均律の場合はフーガのみとする(組曲の場合はひとつの楽曲でよい)
(b)任意の曲 ソナタ程度以上とし、第1楽章または終楽章より1曲とする。但し、ゆるやかな速度のものは除く。
※(a)(b)ともに暗譜で演奏し、くり返しはしないこと。
1視唱試験

30秒程度の予見の時間がありますので、全体をよく見てください。各曲の始めの音をピアノで出してから歌います。速度は自由。止まったり何度も歌い直すことのないよう落ち着いて歌いましょう。※試験では「固定ド」、「移動ド」などのいずれでもかまいませんが、入学後のソルフェージュは「固定ド」を原則としています。

【視唱課題例】

2声楽専攻

試験では、日本歌曲やイタリア歌曲が多く歌われていますが、中学校の教科書に掲載されている曲でもかまいません。

3作曲専攻

事前に提出された作品と試験当日の作曲、両方の楽曲から将来性を判定。作曲だけでなくピアノの演奏能力も重視されます。

4器楽専攻

●ピアノ ●管楽器 ●弦楽器 ●打楽器 ●電子オルガン

基礎的なテクニックが身についているかを重点に、将来性も加味して判定。自分のレベルにあった曲を「きちんと演奏」することが大切で、大曲にとらわれる必要はありません。豊かな音楽性は、入学後の正しい訓練と最良の音楽環境によってしっかりと養われていきます。

5電子オルガン即興演奏試験

【即興演奏課題例】