MUSIC CLASS

音楽科

学科の特長

  • 音楽専門科目の多いカリキュラム
  • 実技専攻担当者は希望制
  • 2年の研修旅行は「音楽の都」オーストリア ウィーン!
  • 校舎内に座席数300席の本格的コンサートホール
  • 個人練習室(登録制)やレッスン室が充実

本格コンサートホールや充実した施設で一流を目指せる!

優れた施設や設備も才能を育む大切なキーワード。音楽科棟には本格コンサートホールをはじめ人数に応じたレッスン室が揃っています。レッスン室では放課後の時間をたっぷり使って著名な講師陣が生徒をマンツーマン指導。常盤木学園には音楽家を目指すためのベストな学びの環境があります。

オリジナルプログラム

目指すのは世界へはばたく音楽家!海外研修など感性を育む感動体験

1961年に東北・北海道地区初の音楽専門課程である「音楽科」が設立された常盤木学園。
教育目標は世界を舞台に活躍する演奏家を育てること。生徒の限りない可能性を伸ばすため、本気で音楽と向き合います。

海外研修旅行

  • 2年次のカリキュラムで音楽の聖地へ

    2年次には「音楽の都」で有名なオーストリアのウィーンとザルツブルクへの海外研修旅行があります。モーツァルトが洗礼を受けたザルツブルク大聖堂や、街角で合唱を披露し、国立オペラ座でオペラを鑑賞…と音楽の喜びを五感で感じられます!

  • 音楽理論や音楽史など専門知識を身につけます


    個人レッスンで一人ひとりの才能を伸ばします

校外活動

  • 演奏活動

    企業や小中学校などからの依頼による演奏活動も積極的に行います。これらは生徒たちにとって、演奏や表現の実践力を養う貴重な場であるとともに、多くの人々に音楽の楽しさを届ける文化的な活動です。

  • 音楽科演奏会

    9月に校外ホールで行われる、ピアノ・声楽・管弦打楽器独奏などバラエティに富んだ本格的な演奏会です。7月の「音楽科3年演奏会」や2月の「音楽科2年演奏会」も、培ってきた技術や創造力、表現力をステージ上でのびやかに披露する実践的カリキュラムです。

  • 音楽科コンサート
    「未来への翼」

    毎年4月に音楽科生徒が企画から運営、バックステージの仕事まで全てのプロセスに関わって開催するビッグイベント。出演者選抜のオーディションも刺激的!チカラ試しの貴重な場となっています。

中学生のみなさんへのメッセージ

在校生

音楽科 声楽専攻 3年
中條 朱葉 さん
(仙台市立第一中学校出身)

研修旅行で訪れたウィーンで、音楽の素晴らしさを感じました

ウィーンへの研修旅行では、教会で賛美歌を歌ったり、町中で日本の歌を歌ったりしました。現地の方々が最後に拍手をしてくれたときには、国境を超える音楽の素晴らしさを改めて感じました。常盤木学園には、音楽の知識や歌の実力を高める機会があり、設備も充実しています。コンクールで実績を残し、将来は音楽に携われるよう、日々努力しています

先生

音楽科学科長
大川 江利子 先生

習熟度別の授業などを行い生徒の目標達成に向けて指導

音楽専門科目では、マンツーマンのレッスンや習熟度別の指導を中心に、生徒それぞれの実力に合った授業をしています。3年次の音楽理論やソルフェージュの授業では、音楽大学の入試過去問題を取り入れるなど、生徒の進路実現に向けて工夫して指導しています。同じ志を持った仲間たちと一緒に、音楽を本気で学んでみませんか。

シュトラウスホール[全300席]

音楽科棟内にあるシュトラウスホールは、常盤木学園のシンボル。「世界一の響き」と讃えられる「ウィーン楽友協会(ムジークフェライン)大ホール」を理想に設計された300席の本格的なホールです。オーストリアの音楽家「ヨハン・シュトラウスⅡ世」にちなんで名付けられました。授業や学内の演奏会をはじめ、県内外の演奏家にも広く利用されています。

専門課程にはこんな授業があります!

  • 音楽理論

    音楽の仕組み・成り立ちを基礎から学びます。志望校に応じた受験対策もぬかりありません。

  • 専攻実技

    演奏試験課題曲のレッスンを通して、より高度な技術と表現力を習得します。

  • ソルフェージュ[視唱・聴音]

    視唱は学年ごと、聴音は3学年全体での習熟度別クラスで行います。

  • 合唱

    アンサンブルの中での自分の役割を見つけ出し、演奏することを身につけます。

  • 公開レッスン&公開講座

    “一流の技術に心で触れる”をテーマに行っている「公開レッスン」 と「公開講座」。各ジャンルの第一線で活躍する講師を招き、シュトラウスホールで見て、聴いて、指導していただきます。一流の演奏家から直に音楽に取り組む姿勢を学ぶ、創造的で刺激的な機会です。

    ※【写真上】津田 裕也氏(ピアニスト)によるピアノ公開レッスン
    【写真下】千田 陽子氏(ピアニスト兼ヨガ講師)によるヨガ教室

音楽科Q&A

Q
一週間のうち音楽専門科目は何時間勉強しますか?
A
(1年生の授業を例に)週31時間ある授業の中の11時間が音楽専門科目です。習熟度別クラスや実技系レッスンも含まれています。毎週月曜には3学年合同の合唱の授業もあります
Q
ソルフェージュの授業について教えてください。
A
書き取りをする聴音と、楽譜を正しく歌う視唱の2科目に分かれています。聴音も視唱も習熟度別クラスで、それぞれのクラスの実力に応じ先生が授業を進めます。年に4回試験があり、点数に応じてクラスも昇級します。
Q
専攻実技担当者の「希望制」ってなんですか?
A
「面識はないけれど仙台フィル所属のあの先生に師事したい」などの希望があれば、その先生との橋渡しをお手伝いしています。また、本校には音大受験指導に長けた講師が多く所属しています。目標達成のための担当者希望制です。
Q
登録制の練習室は、どんな人が借りられますか?
A
親元を離れ下宿している生徒や、登校に時間がかかり練習時間を十分に取れない生徒、楽器の特性上自宅では練習できない生徒などは優先的に借りることができます。
※使用料は¥4,000/月で1年契約です。
Q
専攻楽器にはどんな種類がありますか?
A
専攻楽器の受け入れ制限はありません。もし受験を希望する生徒の専攻がティンパニだとして、試験の結果、当校で学ぶのにふさわしい実力であると判断されれば、新たにティンパニの先生をお迎えしてレッスンを受講できるよう準備します。
【参考】現在在籍している生徒の専攻/ピアノ、声楽、フルート、クラリネット、トロンボーン、ホルン、トランペット、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、マリンバ、ドラム