担当教科 体育

教師からのメッセージ
教師からのメッセージ
担当教科 体育
PHYSICAL EDUCATION

牛渡利光 先生
  • 真剣、真っ直ぐに向き合おう!
  • 保健体育科、水泳部・吹奏楽部
  • 学校に歩いて来ること
  • 交通整理
これから高校生になる皆さんへ
何でもいい、全力で高校生活に向かっていきたい人、集まれ!!しらけてない、生き生きした学校だよ!
女子教育への思い
人にとって最大の影響力を持つ教育者は母親であり、人々が安心感を持つのは女性の笑顔であると感じています。存在の重き立場の基を、学び作る処として携わっていくことに重責を感じています。

室井貴彦 先生
  • きみの「やる気」を「本気」にさせます!
  • 保健体育科主任・バレーボール部監督
  • 料理・部屋の模様替え
  • スポーツ全般
これから高校生になる皆さんへ
今の寂しい世の中を変えていく事が出来るのは、「女性」だと考えます。「優しさ」「暖かさ」「寛大さ」をもつ女性は、これからの社会で益々重要視され続けていくことでしょう。
そんな女性を育てる事が出来るのは女子校だけです。「自分だけの個人の幸せ」から「広い視野を持って社会全体の幸せ」と広く物事を考え、捉えていけるように共に学びましょう。
女子教育への思い
生徒に対して「良いとき」も「悪いとき」も本気で向き合い、良き理解者、良きアドバイザーになれる様に心がけています。生徒の皆さんには、「自分を大切にし、自分をよく理解し、他者に優しくなれる女性」になってもらいたいです。そんな素敵な女性になってもらえるように、私は本気で生徒と接し続けていきたいと思います。

遠藤ひろみ 先生
  • 自分らしい幸せを見つけよう
  • 保健体育科・陸上部
  • 温泉めぐり・神社めぐり
  • 特になし
これから高校生になる皆さんへ
長い人生の中で高校生活はたったの3年間。
この時期にしかできないことを常盤木で経験してほしい。かけがえのない自分としっかり向き合って、さまざまな場面で責任の取れる選択をしてほしいと思います。
女子教育への思い
幸せにはさまざまな形があると思います。
今はいろいろな生き方を選べる時代になりました。
大切なのは自分にとって何が幸せかということを感じとることではないでしょうか。
自分らしさを確立して、誰の幸せでもない、自分の幸せを見つけられる人間になってほしいです。

阿部由晴 先生
  • 女子は社会の核である。
  • 保健体育科・サッカー部
  • 読書、温泉
  • サッカーの指導
これから高校生になる皆さんへ
未来は明るい。やる気を持って毎日生活をすれば、きっと明るい未来がやってくるでしょう。高校生の本分は、勉強と放課後の活動です。
良い時間を使い、多くの経験からたくさんのことを学んでください。目標が志に代われるよう人生の基礎を作ってください。
女子教育への思い
21世紀は、女性の時代と言われています。次代を担う女性として、物事の本質を追求し、その中で学び育てる教育こそ日本の未来を支える核となる力があります。素晴らしい人材を育成し未来に貢献していきます。

敦賀真実子 先生
  • 信念を持った生き生きした女性に!
  • 保健体育科,水泳部・弦楽合奏部
  • バレエ鑑賞、宝塚観劇
  • 水泳
これから高校生になる皆さんへ
一緒に夢・感動・喜び・達成感を味わい自分を伸ばしてみませんか。常盤木学園は親身になって相談に乗ってくれる先生や夢の実現に向けて積極的に活動している生徒が沢山います。
女子教育への思い
信念を持ち、笑顔で前向きに自分の道を切り開いていける逞しい女性になって欲しいと思います。

木戸道治 先生
  • 共に学び、成長しましょう
  • 保健・体育科,バドミントン部
  • 映画鑑賞
  • バトミントン
これから高校生になる皆さんへ
常目標を達成させるため、夢を叶えるために常盤木学園で共に学び、成長しましょう。
女子教育への思い
率先垂範の精神のもと、どのような社会にも通用する女性となってもらえるよう、本気で生徒と向きあっていきたいと思います。

岡村 康宏 先生
  • 何をするにも全力で!
  • 保健・体育科、器械体操部
  • 漫画を読むこと
  • 腕立て伏せ
これから高校生になる皆さんへ
人生何事も楽しめるか楽しめないかは自分次第。全力でぶつかって高校生活を楽しんでいきましょう。
女子教育への思い
女性には男性にはできない事や男性にはない魅力があると思います。それらを育みながら、自分にとっての女性の理想像に近づいていってほしいと思います。